事務作業を減らしてくれるPOSを使って飲食店の業務効率を上げよう

国内外で活躍できる

施術

柔道整復師になりたいという人の多くが柔道整復師会に加入しています。柔道整復師会では様々な市民講座を開いていたり、海外で困っている人達の治療をしたりと国内外で大活躍中です。今後柔道整復師はますます需要が増えると言われており、今注目されている職業の一つです。

オペレーションミスが激減

男性

勤怠を含む店舗管理も可能

情報管理に優れたPOSシステムは、歴史的には多種多用な商品を扱うスーパーマーケットで利用が始まり、現在では小売業のほか製造業・流通業でも使用されています。販売時点で売り上げや顧客情報が管理できるという優れた機能を有しています。鍵になるのは商品に印刷されているJANコードで、レジ精算時にスキャンすることで、システムに登録されている価格を参照してレシートを発行する仕組みです。飲食店のPOSシステムは個々の料理や飲み物が商品に該当するため、JANコードをスキャンする代わりに、ハンディターミナルでオーダーエントリーをするのが一般的です。飲食店におけるPOSシステムの利便性は、手書き伝票を廃止できることにより、オペレーション上のミスが激減することが挙げられます。飲食業は商品提供の前提として、調理を行わなければなりません。小規模店舗では、調理担当に口頭やメモでオーダーを伝えてもミスは少ないでしょう。しかし中規模店舗以上の場合は、調理場に直接オーダー伝票を出力する方が間違いありません。また多店舗展開している飲食店の場合は、本部でリアルタイムに売上実績の把握や分析が可能です。そのため食材の調達や配送を臨機応変に行ったり、地域の特性に合わせたメニューに組み換えたりすることが容易にできます。そのほか飲食店向けPOSは勤怠管理も可能なシステムが多いため、店員の出退勤管理や時間帯ごとの適正員数・配置に役立てることが可能です。

売上から売れ筋を分析可能

レジスター

posレジと聞くと初期費用の高さが思い浮かび、震える思いをする経営者様のいらっしゃるかと思いますが、最近は導入費用は安価です。スマートフォンやタブレットにアプリを入れる形で使うことができます。posを導入すると経営力を芯から支えて強いお店つくりが実現します。

治療院を開く時のノウハウ

整体師

整骨院を開業するには経営者としての心構えが必要です。そして事業計画書をきちんと作成します。最も重要なのが資金調達と物件探しです。日本政策金融公庫に融資の申し込みをします。物件は競合院がないエリアを選びます。保険診療の請求などを代行してくれる柔道整復師会に加入し、宣伝活動を行って開院日を迎えます。